HOME
レトロ / カルト映画DVD
邦画DVD
洋画DVD
洋楽DVD
音楽CD
その他
TOP > サスペンス/ミステリ

恐怖の足跡 ビギニング
型番 IDM-025
定価 1,008円(税75円)
販売価格 1,008円(税75円)
在庫数 SOLDOUT

型番IDM-024
バーコード4571244170256
タイトル恐怖の足跡 ビギニング
タイトル・カナキョウフノアシアトビギニング
発売日2008/09/05
定価980
DVD方式片面一層
再生時間54
映像色モノクロ
音声モノラル
字幕日本語字幕
画面サイズスタンダードサイズ
DVD製作WHDジャパン
発売WHDジャパン
販売WHDジャパン
原題DAUGHTER OF HORROR(DEMENTIA)
製作年1955
製作国アメリカ
製作者ジョン・パーカー
監督ジョン・パーカー
出演アドリーアン・バレット/ブルーノ・ヴェソタ/ベン・ローズマン/リチャード・バロン/エド・ヒンクル
音楽ジョージ・アンセイル
解説監督ジョン・パーカーが制作した唯一の作品。そして究極のカルト作品。彼のその素性はあまり知られていないが、映画館の館長の息子で、幼い頃から映画好きだったと言われている。しかし本作の不振からなのか、この後は作品を撮っていない。ただ、その見事なまでの映像美と演出は今も語り草である。また、監督の才気に関わらずその後、作品を撮っていない事やサイレントを貴重にした演出から「恐怖の足跡」(1961)と比較される事が多いが、本作の方が先。主演のアドリーアン・バレットは30年後に「シティ・ママVSカントリー・パパ」(1986)に出演した以外は不明。共演のブルーノ・ヴェソタは「吸血怪獣ヒルゴンの猛襲」「血のバケツ」(1959)等、R・コーマン作品の出演で有名。また撮影は「プラン9・フロム・アウター・スペース 」(1959)「牢獄の罠」(1954)のウィリアム・C・トンプソン。
STORY悪夢から覚めた女は夜の街を放浪する。しかし、それは狂気と現実の垣根を越える危険な旅の始まりだった。アパートには子供が座り込み、DVを受けた女が警官を呼び、泣き叫ぶ。それを横目に外に出ると、刺殺を報じる新聞。思わず、笑みを浮かべる。そんな彼女をを酔っぱらいが襲う。すぐに近くにいた男がその酔っぱらいを助けようと殴りつける。しかも過剰な暴力はその酔っぱらいにひたすら注がれる。それを見て女は笑いが止まらず、上機嫌。勢いに身を任せ、キザな男の言うまま、太った大富豪と夜の街をデートする。彼女は男の車の中で幼い頃の記録を垣間みる。それはセックス、暴力、殺人に溢れた忌まわしい記憶の数々だった。